妊娠初期からうけられるマタニティ整体

赤ちゃんの成長と共にママの体も変わる

当院は妊娠初期からマタニティ整体がうけられます!

 

特に病院で注意事項がなければ、妊娠報告をうけたその日から施術がうけられるやさしい整体です。

 

それは、当院ではほぐしたり、ツボを刺激したりをせず、骨のゆがみや筋肉、膜まで心地よい圧で施術をおこなうためリラックスができるからです。また、妊娠中はお腹が大きくなるにつれ、背中や腰が緊張しやすく自律神経(交感神経)のバランスが崩れやすくなります。

 

 

妊娠中、痛みや体調が悪くなる方は、産前から妊娠中のゆがみが関係していることもあるので、筋肉だけをほぐすのではなく骨や膜の状態もみていかないといけません。また、体調によって上向きがしんどい方にも、座ってする骨盤調整や横向きによる調整などの対応もおこなえます。

 

当院では、妊活からマタニティ、産後と通われる方が多いですが、マタニティも続けてメンテナンスをうけられている方は、腰痛、むくみを言われる方は少ないです。妊娠中もマタニティ整体をうけることで、逆子の予防や腰痛、むくみ、産後の不調も少ないように思います。

 

トラブルが起こってから駆け込むより妊娠初期からマタニティ整体をうけることでトラブルが起こりにくい体にバランスを整えていきます。

骨盤は分娩時にいきなりひろがるわけではない!

赤ちゃんが日々成長するにあわせて、妊娠直後から少しずつ骨盤がひろがっていきます。

 

この骨盤の変化に大きく影響しているのがリラキシンというホルモンです。子宮の弛緩因子とも呼ばれ卵巣、子宮、胎盤から分泌されます。

 

妊娠してリラキシンが分泌されると、骨盤を支える関節がゆるみ始めます。お尻の後ろにある仙骨(骨盤)はせり上がり、骨盤の下が開いていき、左右の坐骨間も大きくひろがります。

妊婦の腰痛はあたり前だと思っている

妊婦の方は、お腹が大きくなると仙骨(骨盤)が前に突き出します。

 

骨盤と腰の骨のバランスがとれている方は、腰の筋肉が緊張、腰痛、むくみ、肩こり、頭痛など強くでませんが、ゆがみが産前や妊娠中に起こった場合は腰の筋肉が緊張しやすなります。

 

また、腰が痛いと体がバランスをとろうとして首や肩の緊張がつよくなり頭痛がでる方もいます。

 

骨がゆがんでいる場合は、筋肉をほぐしても腰痛は変わりません。また、腰に痛みがあっても腰が問題でないこともあるので、どこに問題があるのかを検査して確認していきます。

 

妊娠うつの予防

はじめてのお産で不安や恐れから「妊娠うつ」になる方が増えています。悩みや不安から体が緊張することで頭痛や背中の痛みなども起こります。整体で緊張がやわらぐことで、頭痛や背中の痛みを減らしていきます。

 

3人に1人は悩まされているむくみ

むくみは体の中に余分な水分が溜まって腫れぼったいように感じる状態のことをいいます。妊娠中は、ホルモンバランスの影響や血液中の水分量が増えて血液が薄まった状態になり、むくみになりやすくなります。

 

また、妊娠後期は大きくなった赤ちゃんの重みで足の付け根の太い血管が圧迫され、むくみます。特にむくみやすい方は、長時間同じ姿勢でいる「デスクワーク」や「立ち仕事」などをしていて普段からむくみやす人です。

 

服の上からリンパに沿ってむくみの液(リンパ液)を皮下からリンパ管に流していき、排液を促します。施術後は「体が軽くなった」と喜んで頂いています。

*マタニティ整体は、整体中心で施術をおこなっていますが、逆子やからだの状態に応じて鍼灸施術をおこないます。体調がすぐれない方は、医師に相談してからご来院ください。

▼こちらをタップするだけで登録できます▼

友だち追加

▼LINE 友だち登録▼


院情報・地図

◆院名 ひなた鍼灸院

◆所在地 奈良県生駒市東菜畑1-83-1ハイツ幸202

◆Tel 080-3780-4131*留守番電話にメッセージをお願いします。

◆予約について 完全予約制

アクセス

最寄駅:近鉄生駒線菜畑駅 徒歩3分:近鉄生駒駅乗換え5番・6番王子方面行1駅

 

菜畑駅改札出て左に(東向き)50mほど進むと交差点『菜畑』(1つ目の信号)を渡ってすぐの4階建てマンションの2階です。

 

近鉄奈良線東生駒駅 徒歩13分

 

*お車で来られる方はお客様のご負担により近隣の有料駐車場をご利用ください。