妊娠30週の逆子整体と鍼灸

妊娠中は体の状態がどんどん変わり続けるので、バランスをとり続けることが大事です。

 

今回、30週の逆子を施術をさせて頂きました。

当院は、不妊専門ですが妊活で妊娠された方のサポートが必要だと思い、妊婦→産後のケアもおこなっています。

 

妊活から来院されてない方も新規で妊婦、産後、更年期、肩こり、腰痛などもみています。

 

初診で来院された方で多いのが「病院でまだスペースがあるから、まわりますよ」と言われ自然に回るのを待っていましたが回らなかったので焦って来ました。

 

28週まではスペースがあるので赤ちゃんが回って逆子になることが多く、29週には戻っていることもあります。29週になっても戻っていない時は、施術をうけることをおすすめします。

 

1回目の施術:施術前:赤ちゃんが縦向き、足が下腹部側でよく蹴るのが分かる状態でした。

左背中から腰にかけての緊張とゆがみがあったので、整体で歪みと緊張をとり最後、腹部のバランスをとりました。鍼灸は、状況によって整体の途中に施術する事もあります。足首と足先のツボを鍼と温かい程度のお灸で刺激をして回転を促しました。

 

2回目の施術:蹴る位置が変わる。下腹部→右腹部を蹴る様に

左にくらべ右腹部がでている状態で、リンパ整体と胸椎のゆがみの矯正をおこない、前回と同じ鍼灸施術をおこなったあと最後、腹部のバランスをとりました。術前、右腹部がでていましたが左右均等な大きさになっていました。

 

その2日後、病院で確認すると逆子が戻っていた。病院の前日と当日の朝に大きく動いているのを感じたそうです。お母さんがリラックスした時に戻ることが多いので背中や腰の緊張がきつい方は自律神経(交感神経優位)の方が多いので体を緩めることでリンパや血流もよくなりリラックスできます。

 

逆子でお悩みの方は、早めにご相談ください。