10ヶ月タイミングしたけど妊娠しなかった!

 

避妊をしない状態で

タイミングをとったらすぐ妊娠する?

 

周りがすぐに妊娠しているから、

すぐに妊娠すると思っている方が多いですが

 

実際の妊娠確率は

 

20代、30代の1ヶ月の妊娠率をみても

25~30%が平均と言われています。

 

*この妊娠率は生殖器に問題がないことが前提です。

あなたは毎日、365日同じ健康状態を維持することができますか?

疲れた日やストレスを感じる日もありますよね。

 

月によって生理痛がきつい月と軽い時ありませんか?

 

女性ホルモンはストレスの影響をうけやすく

その月の生理が変わることがあります。

 

ストレス以外に

・体を冷やす

・睡眠不足

・加工食品の食事が多かった

でも気血の状態は変わります。

 

月によって体の状態が違うということは

排卵、タイミングも変動するということです。

 

妊娠するには、

その変動を少なくすることが大切です。

 

なかなか妊娠しないことが心配で

病院で検査するも妊娠するのに問題がみつからなかった。

こころからタイミング法5~6回→体外受精

とステップアップしていきますが

なかなか妊娠しない焦りでストレスが増えていく。

 

些細なことでイライラしたり

思うようにいかないことに落ち込んだり

共感してくれないことで腹を立てたり

 

いっぱい、いっぱいになり

心のゆとりがなくなり

肉体も疲れやすく

体が緊張しやすくなります。

 

不調がどんどん大きくなり

生理痛が強くなったり

体重が増えたりして

新たな悩みが増えていきます。

 

なかなか妊娠できない思考とは

自分がどうしたいのか?が分かっていない

病院任せ。

相手のペースにあわせてモヤモヤしている。

 

ネットで不妊について調べるけど

自分の身体の改善方法が分かっていない。

 

移植するもタイミング法をとるも

赤ちゃんを育てるのは自分自身の体です。

 

本体の体が上手く機能していなかったら

卵があっても

精子と卵子が会うように近づけても

受精した卵を戻しても

 

着床妊娠成長が難しくなります。

 

年齢が高くなると卵の数も知りたくなりますが、

結果を聞いて、そこで不安になるのではなく

期間が定まることで、集中することができます。

 

考えをプラスに変えることで

身体はどんどん喜んでよい方に変わっていきます。

 

常に、自分にストレスをかける日常を送るより

チャンスをつかみやすくなります。

 

不妊の方で多い

婦人科疾患、月経前の不調、生理痛、便秘、下痢

妊娠に支障がないと思われがちですが、

・ホルモン伝達が悪い

・血流が悪い

・気の流れが悪い

ことで起こっています。

 

不妊は結果で原因ではありません。

 

子宮や卵巣だけの機能で

妊娠するわけではないんです。

 

他の機能の働きも関係しています。

 

全体のバランス、機能を上げる

(エネルギー)ことが必要になります。

 

検査で問題がないのに妊娠しないと悩む前に

自分の身体と向きあうことが大事!

 

・体のゆがみ

・手足が冷たい

・便秘または下痢

・生理前の不調

・生理の状態

・婦人科疾患

・睡眠

・疲れ

があるのであれば

今、自分の体に何が必要かを考えることが必要です。

 

・体のケア

・休息

・生活習慣の改善

・適度な運動

・体が喜ぶ食事

・思考

 

分かれば改善に向けて取り組むことです。

 

例えば

我慢はストレスになり

不調を起こす

日本人は我慢強い人が多い!

感情をおさえることで、

多くの女性が気血の流れを悪くし

「於血おけつ」血が滞ることで

婦人科疾患になりやすくなります。

 

生理痛は、血の問題ですから

長期間痛みを我慢することで、

子宮や卵巣周辺のうっ血が起こります。

 

生理痛は、薬を飲んでも治りません。

痛みをおさえているだけです。

 

検査で不妊の原因がないと言われている方で多いのが、

 

・子宮内膜症

・子宮筋腫

・チョコレート嚢腫

・子宮線維症

・生理不順

・生理痛

血の問題です。

 

西洋医学では、問題視されていないだけです。

 

 

血虚タイプは激しい運動は向かない

血虚」血が不足すると

 

・寒がり

・乾燥肌

・めまい、たちくらみがする

・不眠

・手足が冷える

・疲れやすい

・肩コリ

・生理不順

・不妊

 

生活の中でパソコン、携帯など

目を使いすぎることで血を消耗させます。

 

東洋医学の考えでは

血は夜、睡眠時に肝に戻ります。

睡眠不足だと血が戻らず、

日中を少ない血で回さないといけない

ため体が疲れやすくなります。

 

筋肉を動かすにも血が必要です。

血が不足している人

体の疲れがひどい人は

激しい運動をすることで血が消耗され

どんどん体が疲れ、逆効果なんです。

 

不妊治療前から整えるのが理想

コミニケーションも大事!

・病院

・治療院

・パートナー

・自分自身

 

疑問に思っていることを聞かずに

モヤモヤしていないですか?

 

聞くことで解決することもあります。

小さいストレスも溜まれば大きくなります。

 

こういうことを聞いたら怒られるかなと

思う人もいますが、

反対に聞く方が互いの不安が解消でき

相手を理解することができます。

 

何で悩んでいるかは、

同じ立場で同じ人間でなければ分かりません。

 

つまり自分にしか分からないです。

 

だから、言葉というコミニケーションが必要なんです。

 

まずは、自分の今の体の状態を知る

・病院の検査

(婦人科の問題、卵管など)

・治療院

(ゆがみ、気血の状態など)

 

自分の体を知ることで

「不安→心の安定」

「疲労、痛み→体の機能改善」

妊娠しやすい体に変化していきます。

 

妊活は

「自分の身体と向きあう期間です」

 

笑顔で家族を迎えられるように

サポートしています。

 

全体のバランスが整うことで

卵巣、子宮、女性ホルモン

からだ全体の機能の

働きがよくなります。

 

整体では、

構造的な部分

骨盤や背骨のゆがみの調整で

神経伝達、血流、ホルモン

の問題を回復させていきます。

 

また、自律神経の問題による

不眠、生理痛、生理不順

肩コリ、腰痛などの改善

 

老廃物の排出、

質のいい睡眠をとることで

肉体の回復が促せます。

  

鍼灸では、

 

気・血・津液の流れをよくしていきます。

 

鍼は髪の毛ほどの太さ

ぽかぽか温かいお灸を

使用しています。

 

臓腑とつながっているツボに

鍼灸をおこなうことで

 

血流を促し、気・血・津液を

整えることができます。

 

◆ご予約方法(ネット予約になります)

LINEまたはメール

⇩⇩⇩

新規ご予約枠に限りがございます。そのため、新規予約枠がなくなった場合は予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。

割引期限::2024年5月31日